地域のいいヒトいいモノ、いいコト見つかる
ヒトコト・モノコト

MENU

Back

東京23区の最東端に位置する江戸川区。荒川と江戸川が区内を南北に流れ、東端は千葉県、南端は東京湾に面する水辺の町です。鉄道は5線12駅あり、環状七号線、京葉道路などの幹線道路が走り、交通の便は良好です。
都心への通勤利便性の良さにもかかわらず比較的家賃相場が手頃で、生活しやすい地域といえます。23区のなかで最も区民の平均年齢が若く、合計特殊出生率はトップランクで、子育て支援制度が充実しています。

時代とともに多様な産業が発展
江戸時代に幕府領となった江戸川区は、新田開発が盛んに行われ、江戸への野菜の供給地として発展しました。明治時代になると海苔や貝の養殖、和傘の生産なども始められ、地域産業は多様化していきました。
1894(明治27)年に現在のJR総武本線が開通し、1932(昭和7)年に小松川町、松江町、小岩町、葛西村、瑞江村、篠崎村、鹿本村の7町村が合併して江戸川区が誕生しました。当時の人口は約10万人。区名は東端を流れる江戸川にちなんで命名されました。
その後、昭和の高度経済成長に伴い人口が急増し、急速に都市化が進んで近代的な都市へと発展を遂げました。現在は区内を総武線、京葉線、京成本線、都営新宿線、東西線が走り、都心への移動は非常に快適です。近年はIT技術者として働くインテリ層のインド系外国人が増え、国際色も豊かです。
豊かな水と緑に恵まれた環境
23区内で4番目に広い江戸川区には、大小様々な483の公園と5つの親水公園があり、一人当りの公園面積は人口の少ない千代田区に次ぎ、23区内で堂々2位の広さです。海辺に広がる「葛西臨海公園」には水族館や観覧車、鳥類園などが揃い、多くの行楽客で賑わうレジャースポットとして有名です。また、区内の街路樹本数は23区中最多で、水と緑の豊富な環境が魅力です。
都内有数の野菜と花の産地としても知られ、23区内の農業産出額で1、2を競っています。なかでも徳川吉宗が江戸川区の小松川にちなんで名付けたといわれる小松菜は江戸川区発祥の特産品で、都内一位の収穫量を誇ります。朝顔の一大産地でもあり、「入谷の朝顔市」に並ぶ朝顔の約7割は江戸川区から出荷されています。
都市の利便性と歴史資産が共存
江戸川区の最西端に位置する平井は、荒川と旧中川に囲まれた小松川地域にあり、JR総武線「平井」駅から「東京」駅まで電車で13分という好立地を誇ります。駅前には大型スーパーや約90店舗が軒を連ねる昔ながらの商店街があり、日常の買い物には困りません。
旧中川にかかる「ふれあい橋」は平井の絶景スポットとして人気があり、昼間は川面に映る逆さ東京スカイツリー、夜間は東京スカイツリーを背景に橋自体がライトアップされた幻想的な夜景が楽しめます。荒川の堤防には桜の名所「小松川千本桜」があり、春には多くの花見客が訪れます。
区指定文化財の「燈明寺(平井聖天)」、燈明寺の別当寺であった「平井諏訪神社」、江戸五色不動のひとつで通称目黄不動と呼ばれる「牛宝山明王院最勝寺」など由緒ある寺社仏閣もあり、江戸川区全体はもちろんのこと、平井周辺だけでも見どころの多い地域です。都心の近くで、下町情緒を感じる暮らしが満喫できます。

【取材を終えて】(ライター:盛林まり絵)
東京東部の人気がジワジワと上昇中の現在、都心へこれだけ近い江戸川区平井も今後人気が上がりそうです。現代的な建築もありながら下町情緒を感じさせる町並みも残っており、昭和の風物が好きな方にはたまらない雰囲気です。都内中心部と千葉への東西方向の電車移動は便利ですが、区の南北方向に移動する公共交通手段がバスのみなので、住む際は自転車購入をおすすめします。
特定商取引法に基づく表記 個人情報保護方針