地域のいいヒトいいモノ、いいコト見つかる
ヒトコト・モノコト

MENU

Back

皇居の北側に位置し、いわゆる「山の手」の一角を成す文京区。東京23区のなかでも「学問の府」の役割としてつけられた「文の京(ふみのみやこ)」という名前からもわかる通り、東京大学本郷キャンパスやお茶の水女子大学など多くの大学が所在し、明治時代より夏目漱石や森鷗外をはじめとした文人や政治家が多く住んでいたことで知られます。区南部には東京ドームシティを中心とした華やかな観光スポットもありますが、閑静な住宅地が中心です。

重厚な歴史に彩られた文豪の街

徳川幕府が江戸に開かれて以来、現在の文京区は徳川家・幕府と密接な関係であり続けました。水戸徳川家屋敷内にあった小石川後楽園、5代将軍徳川綱吉が建立した護国寺、徳川家の厚い庇護を受けた湯島天満宮、将軍家の菩提寺である伝通院、幕府が設置した小石川養生所など、徳川家や幕府に関連する寺社・庭園は現在も多く残されています。また、大政奉還後は15代将軍徳川慶喜が居住し、その場所には現在も「徳川慶喜終焉の地」の碑が建てられています。
明治時代に入ると、加賀前田家屋敷跡に帝国大学(現・東京大学)が設置され、それに伴い文人たちもその周辺に居を構えました。夏目漱石、森鷗外、坪内逍遥など名だたる文豪たちが住み、現在の文京区に通じる閑静な住宅街としての色を強くしていったのです。
1947(昭和22)年にそれまでの小石川区と本郷区が合併し、現在の文京区が誕生。新宿区・豊島区・千代田区といった賑やかな区に隣接しながらも、JRの駅がひとつもなく、大きな人口流動が少ないことや華やかな歓楽街があまりないこともあって、23区中最も治安が良いといわれています。

現在も江戸の風情を残す湯島天神。「学問の神様」として知られる菅原道真公をお祀りしていることもあり、受験シーズンには多くの受験生やその家族が合格祈願に訪れる。勉学以外にも、境内には迷子探しに力を与えるといわれる奇縁氷人石(きえんひょうじんせき)も。

知的好奇心を刺激する施設がいっぱい

観光スポットとしての特徴といえば、江戸~明治期の名だたる文人たちの旧居や墓の多さ。また、大学が多いことから博物館や美術館も多く、37の施設が加入した「文の京ミュージアムネットワーク」が結成されています。
文京区立森鷗外記念館、竹久夢二弥生美術館といった作家・芸術家にまつわるものから、野球殿堂博物館、講道館、日本サッカーミュージアムといったスポーツ関連のもの、東京大学総合研究博物館、東洋大学井上円了記念博物館、日本女子大学成瀬記念館など、区内には様々な施設があり、新たな「知」に触れる機会が存分にあります。
また、日本初のドーム球場である東京ドームも文京区内です。周辺にはプロレスと格闘技の殿堂・後楽園ホールや、東京ドームシティアトラクションズ(旧・後楽園ゆうえんち)、アミューズメント施設「ラクーア」もあり、ファミリーで楽しめる行楽地となっています。

読売ジャイアンツのホームスタジアム、そしてコンサート会場として知られる東京ドーム。試合の日ともなるとジャイアンツや相手チームのユニフォームを着たファンたちで駅まで列ができるほど。周辺の東京ドームシティも週末になると家族連れをはじめ様々な人たちであふれている。

若者も訪れるノスタルジーな顔も

近年、文京区周辺で注目のワードが「谷根千」。台東区の「谷中」と文京区の「根津」「千駄木」という隣り合った3地区の総称で、下町情緒あふれた空気を味わいに週末ともなると多くの観光客が散歩に訪れています。根津の名所といえば根津神社。元は5代将軍綱吉の兄・綱重の屋敷であり、6代将軍綱豊(家宣)が生れた地でもあります。権現造りの美しい社殿は国の重要文化財に指定されており、3000株もの花が咲く春のつつじ祭りでも有名。碑だけでなく建物が残っている樋口一葉の菊坂旧居跡、様々な金魚を覗くことができる金魚坂、1916(大正5)年に建てられた家屋をそのまま使っている老舗喫茶・カヤバ珈琲など、散歩しながら食べ歩きしたくなるスポットがいっぱいです。

【取材を終えて】(ライター:大坪ケムタ)
「谷根千」のひとつとして注目されている根津ですが、実際は昔ながらのスポットがある静かな住宅街。明治以降急速に進化した江戸→東京ではなく、江戸からゆっくりゆっくりと時間をかけて続いてきた街の空気があります。それだけに昔ながらの伝統を守る職人の話とはまったく違った、高山さんのような現代の職人像は根津の街にハマっているように思えました。

特定商取引法に基づく表記 個人情報保護方針