地域のいいヒトいいモノ、いいコト見つかる
ヒトコト・モノコト

MENU

Back

東京23区のほぼ中央に位置する千代田区は、東京駅やオフィス街、国会議事堂、中央官庁、最高裁判所などを擁し、政治、経済、行政、司法の中心地として機能しています。同時に、神社仏閣や国立劇場、国立演芸場などもあり、文化的な側面も兼ね備えています。昭和30年代から40年代の高度経済成長期以降は、長年に亘って人口減少が続いていましたが、近年の都心回帰に伴い、1995(平成7)年を境に増加傾向が続いています。

江戸時代から日本の中心として発展

現在の千代田区にあたる地域は、徳川家康が江戸城に入城して以後、徳川幕府の中枢として江戸城を中心に市街地の拡張・整備が行われ、発展を続けました。第二次世界大戦の終結後、一面の焼け野原となって人口も減少した東京で、区の整理統合を行おうとする機運が高まり、1947(昭和22)年に麹町区と神田区が統合され、現在の千代田区が誕生しました。
区名は江戸城の別名・千代田城に由来します。江戸城が現在の皇居となったことで、東京の中心にありながら、区の面積の約12%を占める広大な敷地には豊かな自然が保たれています。
日本における鉄道の最大拠点となる東京駅は、新幹線や主要幹線の起点であり、区内のいたるところにも鉄道路線が張り巡らされ、交通利便性には文句のつけようがありません。

1914(大正3)年に建てられた赤レンガ造りの「東京駅丸の内駅舎」。皇居と向かい合うように位置している。1945(昭和20)年に戦災で消失した箇所があったが、2012(平成24)年に元の姿に復元された。国の重要文化財に指定されている

多彩な機能を備え、昼間人口は膨大

オフィス街が集中する丸の内、大手町、有楽町、電気街とアニメ文化の聖地として知られる秋葉原、下町らしい江戸情緒が残る神田、多数の有名大学や各種学校、予備校が集まる御茶ノ水など、日本を代表する様々な街が形成され、歴史と伝統、そして先進技術が融合した厚みのある文化が感じられます。
世界有数の古書店街である神保町は、隣接する御茶ノ水まで含めた周辺地域に、明治時代から中央大学や明治大学、法政大学などの前身にあたる学校が建てられました。そのため、学生街として発展すると同時に、大学教授や生徒達が教科書や書籍を売買する古書店街として大きく花開いたのです。
このように、千代田区は政治、経済、教育など多彩な機能を備えているため、通勤・通学で他地域から流入する日中の人口は85万3,068人という膨大な数にのぼり、港区、世田谷区に次ぐ、第3位となっています(平成27年度「国勢調査」より)。その反面、常住人口で比較すると、世田谷区の約90万人、港区の約25万人に対し、23区で最少の約6万人という少なさで、昼夜間人口比率の高さは日本一です。

正式名称は神田神保町だが、一般的には「神保町」と呼ばれる。書店以外には印刷所や出版社、スポーツ用品店、楽器店なども集まっている。また、手頃な価格でボリュームのあるメニューを提供する飲食店も多く、学生に人気がある

子育て世帯にも高齢者にも環境にも優しく

“東京一子育てしやすい街”を目指し、23区で唯一の待機児童ゼロ、18歳までの医療費ゼロを実現したほか、区立初となる中高一貫校の創設など独自性のある施策も行っています。高齢者に対しても、健康を保つための健康診断や介護予防サービス、いきがいを創出する人材活用や交流事業などに力を入れており、65歳以上の高齢者就業率は高く維持されています。 また、路上喫煙やポイ捨てを禁止する条例を制定したのは千代田区が日本初で、その後、首都圏各地に同様の条例が広がりました。現在は2020年までの数値目標を掲げて区内の二酸化炭素の排出量削減を進めており、条例でこうした数値目標を設定するのは日本初の試みです。様々な取り組みが評価され、人口は増加傾向が続いています。

【取材を終えて】(ライター:盛林まり絵)
千代田区は、武家屋敷が建ち並んでいた地域と、庶民が集まり商売が盛んだった地域が統合されて誕生した経緯があるので、今でも街によって様々な特徴があり、集まる人もバラエティーに富んでいます。住むところというより出かけて行くところという印象が強いですが、多数のマンション建設が進められており、今後若い世代が増えればイメージも変化していくでしょう。

特定商取引法に基づく表記 個人情報保護方針